閲覧記事記事一覧へ

コロナ危機は人類にとってどんな意味があるのか

「クールー病」という病気を知っているだろうか。

これは人間が人間の肉を食べると発症する病気で、罹患すると、脳細胞がスポンジのようなスカスカの状態になり、死んでしまうと言われている。「狂牛病」も同じ原理だと私は解釈している。牛が牛を食べると、同様の症状で死んでしまうのだ。

ところで、この「クールー病」という病気は、なぜ生まれたのか。

私はそれは、人類が自ら生み出した病気だと思っている。もし人間同士が互いの肉を食い合うようなことをしていたら、私たち人類はどうなっていただろうか。おそらく、今日のような人類社会は成立しなかっただろうし、それどころか、絶滅していたかも知れない。

だからこそ人類は、その病気を自ら作りだし、絶滅を防いできたのではないだろうか。私たちが動物の肉なら何でも食べるのに、人間の肉だけは食べることをしないのは、そのことを本能的に知っているからだ。

実は今起きている「コロナ危機」は、それと同じ原理だと私は思う。

つまり、人類が自ら「クールー病」を生み出し、人類の絶滅を防いだように、コロナ危機も、何らかの意味があって、人類自らこの病気を生み出したのではないか。

だとすれば、このコロナ危機は人類にとってどういう意味があるのか。それを理解することがこのコロナ危機を解決するキーになる。

このウィルスが化学兵器として作られたのか、あるいは、自然発生的に生まれたのか、それはどちらでも構わない。そういう状況を作ったのは、いずれにしろ人間なのだから。

ところで多くの人は、病気は人間にとって敵であり、征服すべき相手であるという態度をとりがちだ。これは私たちが、無意識にあらゆる対象を「分離」して理解しているためだ。自分と対象との間に境界線を敷き、分離させ、それぞれに敵と味方というレッテルを貼ってしまう。

しかしその精神は、古来の日本的思想からすれば間違いだ。日本は「八百万(やおろず)の神」というように、あらゆるものを神とし、人間はその一部として調和しながら生きてきた。

その精神に則れば、病気は体の不調を示すサインであり、決して敵ではない。むしろ、自分の体を守ってくれるための「味方」なのだ。

だから、このコロナの世界的な感染拡大は、この人類社会の不調を示すためのサインである。人類の未来にとって、敵ではなく味方と考えたほうがいい。

では、このコロナの感染拡大は、人類にとって一体どんな意味があるのか。それは私が思うに、人や国のあいだの境界線をなくすこと。それに尽きる。

世界には今、グローバルな協力を通してしか解決のしようのない難題がいくつもある。今回のような疫病や、核戦争、気候変動がそうだ。こうした世界を大混乱に招きかねない難題に対処していくには、人類が国境を越えてひとつに繋がり、一体とならなければ解決することはできない。

いまや世界はシームレスにつながっており、以前のように各国がバラバラに活動しているわけではない。ここまで経済がグローバル化し、移動手段も発達し、インターネットが普及したこの時代に、自国の利益ばかりを追求していても意味がないのだ。今こそ、人類が一丸となって平和で幸福な社会を目指す時が来ている。コロナ収束後の社会に生き残ることができる者は、きっとそれができる人や企業や国であろう。

人や国のあいだの境界線を突破し、対立を超えて、ひとつに繋がった人類になること。それが、今回のコロナ危機が人類に与えた意味だと私は思う。

これを書いているときに偶然だが、「アポロ8号が撮った『地球の出』」という映像がタイムラインに流れてきた。下にリンクしておくのでよかったら見てください。私たち人類がひとつであることを、教えてくれているような映像です。

https://www.facebook.com/brutjapan/videos/308956890081516/


関連記事

2014年05月15日(木)

原理を見る人、事象のみを見る人

私たちの中には物事の「原理を見る人」と「事象のみを見る人」がいます。両者で何が異なるかというと、意識内情報のネットワークと密度がまったく変わってきます。また問…

続きを読む
2020年04月20日(月)

女性性の時代

私は昔から女性が好きなのですが(笑)、それはべつに女好きとかそういう意味じゃなくて、女性というのは、なんというか、男性より一段も二段も高いところにいる。そういうイメージを持っています。

続きを読む
2014年04月18日(金)

若者から学べ(NEET論)

若者の感性は、社会を別次元へ変革させてしまうほどの可能性を持っています。社会経験が未熟な分、良くも悪くも既存の先入観に左右されず、等身大の目線で社会を見れるか…

続きを読む
2018年01月03日(水)

悟りに向かう人類

最近、人類が悟りに向かっているということを実感している。たとえば、昨年は「サピエンス全史」という本が人気になった。そこには、人類が地球上の覇者になれた理由は...

続きを読む
2014年03月31日(月)

和して同ぜず

私は社員にセミナーに行ってもらうとき、いつも社員にお願いすることがあります。それは、自分の考えはこうだという主体性を持って聴いてほしいということです。もちろん…

続きを読む