閲覧記事記事一覧へ

孤独の時間

人には少なからず、ひとりきりになる孤独の時間があります。これをネガティブに捉えている人は、思いのほか多いのではないでしょうか。私がここで言いたいのは、孤独の時間を「成長の時間」として捉えてみましょうということです。

多くの人は、常に慌ただしい社会の中を生きており「自分は何を求めているのか」などと静かに内観することをなかなかしないものです。その暇もないのが実情かもしれません。その場の「空気」や「規則」と、職場で与えられた「課題」を基軸に生きているのではないでしょうか。自分にやる気があろうとなかろうと、労働時間と休憩時間が決まっており、その中で意思とは関係なく働いている人も中にはいるのかもしれません。しかし、それは本当にあなたが求めていることでしょうか。人には心があり、心は何かしらを求めているはずです。その声は非常に小さいもので、そのときだけは雑音を消さねば到底聞き取れません。自分の心と向き合い、自分の基軸を自らの心に持ってくるためにも、孤独の時間は必要なものなのです。

他者と一緒にいる間、私たちは自分の心を内観するというようなことはあまりできません。なぜなら、同じ場所に相手の心も一緒にあるからです。私たちは、関心のある相手であればあるほど相手の心を覗こうとしてしまいます。このような時間を日常的に過ごしてきている人に「内観」と言っても、はじめはピンときていただけないかもしれません。他者の心を重んじるがために、自分の心の存在をないがしろにしてしまっている人は多いと思います。

私は極端に言えば「孤独」の時に、何をしてきたかでその人の価値が決まるとすら思っています。そこでは、どこに進むのか、いかに進むのか、などをすべて自分で決めます。ひとりなので、自分で自分を奮い立たせたり、逆に癒したりします。これらをするためには、必然的に自らの心と深く向き合うことになるのです。しかし、それはとても大変なことでもあります。なぜなら意志や責任感の強い人であればある程に自分の抱いている劣等感や課題と向き合う事になるからです。ひとりの時は気分を紛らわしてくれる他者がいないので、何もかもを自分で考えて、自分で決めて動く「主体性」が必要となります。

人と人が協力し合うとそこに大きな力が生まれます。そのことを利用して、理念を具現化してゆくのが会社という機関ですが、そこで協力し合う個人が主体性を持っていなければ、ただ責任転換をし合うだけの無意味な集いになってしまうでしょう。個人で動く場合にも、集団で協力し合う場合にも、孤独の時間に養われた主体性は大きな糧となります。

主体性を持ちすぎているがゆえに、人の話しを聞かなくなるという人がたまにいます。しかしその人は主体性どうこう以前に、傲慢であると言えます。自分という存在をクリアに認識できてくると、不思議と他者の存在もクリアに認識できてくるようになるものです。それは自分が、どのようにものを見る人間なのかがわかってくるためです。同様に、人それぞれの立場で違った見方があるという事実にも気がつきます。

自分の外側ではなく、内側に目を向ける事です。そのための「成長の時間」としての、孤独の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。



関連記事

_0002_レイヤー-4 2014年03月31日(月)

縦型社会から横型社会へ

人類はこれまで、武力や権力、財力を行使して人間が人間を支配するという「縦型」の社会を長く続けてきました。しかし、近年その構造はだんだんに実力主義的であり、パー…

続きを読む
029 2014年05月29日(木)

市場調査ではなく直感を

会社を経営をしていく上で、どのような商品を提供していくかを決定することは、死活問題に関わる大変重要な課題です。それらを決定するには、市場つまりマーケットの全体…

続きを読む
021 2014年04月24日(木)

経営者の責務

これまで経営者には、社員とその家族の生活を守るという役割が求められてきたように思います。もちろん、これからもそういった強い責任感の下で、経営を行わなければなら…

続きを読む
09 2014年04月04日(金)

雨が降れば傘をさすという素直な心

仕事をしてゆく中で「素直な心」を持つ事はとても大切な事です。 このことを仕事への姿勢としてはじめて大々的に提唱された方としては、松下幸之助さんが思い出されます…

続きを読む
019 2014年04月22日(火)

腑に落ちることと、理について

社会に限らず、この宇宙全体の事象の成り立ちには、その理(り、ことわり)となっているものがあるように思います。事象が成り立つ場合には、何かしらの理にかなっている…

続きを読む