閲覧記事記事一覧へ

心の時代の到来


私は、コロナウィルスがそれまでのインフルエンザと大して変わらないものなのか、それとも、本当に脅威的なものなのか、それはあまり気にならない。生物兵器なのか自然発生的なものなのかも気にならないし、このパニックが作為的なものなのか偶発的なのかも気にならない。たぶんそれらを追求していても、私には突き止めることができないと思うから。

いちばん気になるのは、「このコロナ危機は人類にとってどんな意味があるのか。」、そして、「コロナ収束後の未来社会で私たちはどうあるべきか。」ということ。それをずっと考え続けてる。

私はこのコロナ危機は、個人的には今の調子だと最低でも2年は続くのではないかと感じてる。オリンピックは1年ほど延期になったようだけど、それまでに終息しているとは考えにくいし、それどころか2022年の冬季オリンピックでさえ開催は危ういと思ってる。

そして、それだけ長いあいだ経済が停滞すると、コロナ危機収束後の社会は、これまでの延長ではなく、かなり異なったものになるはずだ。

その社会は、ミクロ的に言えば、テレワークが進むとか、東京離れが進むといったこともあると思う。しかしマクロ的には、もっと大きな変化が訪れる。それはどんな変化なのか。

私の直感によれば、それは「心の時代」へのシフトだ。

ただ、それはもう、ずっと前から多くの人が気づいていたことだ。でも、なぜ今まで、その時代にシフトしきれずにいたのか。

それは、新しい未来社会にシフトするには、今あるものを一旦手放すというフェーズが必要になる。たとえば、部屋を大掃除するときに、部屋の中にある家具を、そのままにした状態で掃除するのと、それらの家具を一旦思い切って全部部屋の外に出してから掃除するのでは、同じ掃除でも次元が違う。後者の方が、部屋が新しく生まれ変わるような掃除ができる。

その古いものを全て手放すフェーズ、それこそが今回のコロナ危機だと思う。

私たちには今、生きるために必要なものは十分に揃っている。しかし、何のために生きるのか。どんな意味があるのか。それに答えてくれるものが何もない。だからこそ、それに答えていくことが、これからの時代なのだ。

おそらくこのコロナ危機は、その古いものを全部出し切ったとき収束する。今、巷では、どうやって資産を防衛するかとか、どんな株を買っておくべきかとかそういう話題がよく見られるが、そんなレベルでは済まないと思う。そういう物の時代はこれで終焉し、人々の心を本当に豊かにしていく「心の時代」が始まる。

その新しい時代の到来を、無意識であっても予感していた人たちは、もう既に準備ができているのだと思う。

ある人は、理性的なスキルではなく、感性的なスキルを磨いてきた人もいるだろう。またある人は、瞑想や悟りを通して、ひとつに繋がった世界を見ている人もいるだろう。物を提供している人であっても、人間と切り離された機能や性能の追求だけではなく、ちゃんと人間と繋がった価値を提供してきた人もいると思う。

これからは、人や物や国のあいだを分離させていたあらゆる境界線がすべて薄れていき、人類全体が一つの生命体のように統合させようという動きが始まる。私たちは今、その大きな歴史的転換点に立っているのだ。


関連記事

2019年04月07日(日)

新元号「令和」によせて

私は、最近の世界情勢を俯瞰的に見てみると、グローバリズムから反グローバリズムの方向にゆっくりと動いているのではないかと感じています。

続きを読む
2017年01月02日(月)

世界文明の中心は日本へ

いま世界で起きている最も大きな潮流は「分断から統合へ」である。その理由を身近な例から説明したいと思う…

続きを読む
2014年05月08日(木)

人に与えるとクオリティが上がる

なんの仕事であれ、その内容を掘り下げてゆくと「人が人に価値ある何かを与え合う」というシンプルな行いであることに気がつきます。自分ではない人が関わるからこそ、逃…

続きを読む
2014年03月31日(月)

日本から潮流を

いま、ものづくりの世界では革命が起きています。しかしその潮流は、ほとんどが海外を源流としているもので、メイカーズとか、パーソナルファブリケーションとか、オープ…

続きを読む
2014年05月29日(木)

死生観の変化

近隣で人類に起きた革命といえば、農業革命、産業革命、そしていまその真っ只中にある知識革命が挙げられます。そうした中革命として意外と意識されていないのが、抗生物…

続きを読む