閲覧記事記事一覧へ

人に与えるとクオリティが上がる

なんの仕事であれ、その内容を掘り下げてゆくと「人が人に価値ある何かを与え合う」というシンプルな行いであることに気がつきます。自分ではない人が関わるからこそ、逃げられないこともたくさんあるし、時には自分の意思とは違ったことをしなければならないこともあるでしょう。ただ、そうしたことが自分の意思一つだけでは開拓できなかった可能性を広げてくれるのだと思います。

私たちは、自分の好きなことを仕事にするべきでしょう。ただ、気をつけなければならないのが「好きな事をする」のと「好きな事を仕事にする」というのは、似て非なるものだということです。前者は人に貢献するしないに関わらず、好きな事をただすることであり、後者は好きなことを通して、人に貢献してゆくことを言います。つまり、好きな事を仕事にするというのは「好きな事を通して人に貢献する」こととも言えます。

この記事のタイトルでもある「人に与えるとクオリティが上がる」ですが、その意味は単純で「緊張感が伴うから」です。好きなことを自分勝手に行う分には、自分のさじ加減でどうにでも言い訳が出来ますし、苦しい事から逃げる事だって簡単なことですね。ただその分成長もなく、喜びも少ないでしょう。好きなことを通して、人に貢献できる喜びは、当然その価値を人に与えなければ味わえないものです。無論成長するわけですから、苦しいこともすることにはなるでしょう。しかし、それは一人で好き勝手やっていてはおそらく体験できなかったことです。人に与えることでクオリティが上がることの意味は、自分の怠け心を人や環境が律してくれることにもあるのですね。

人間は案外と怠け者な生き物です。完全に自分勝手できる環境だと、寝たり食べたりしており、思っている以上に大した事はできません。ただ、人のためとなるとそこによい緊張感が生まれ、思考も働くようになります。人間は誰しも「人に認められたい」という尊厳欲を持っており、ここに共鳴するものも少なからずあるのでしょう。自分に好きなことがあり、それの成長を望むならば、自分のつくり出した価値を人に与えることから始めてみてはいかがでしょうか。その連鎖が人々の中で生まれる事で、より良い社会がつくられていくのだと思います。



関連記事

2014年04月22日(火)

腑に落ちることと、理について

社会に限らず、この宇宙全体の事象の成り立ちには、その理(り、ことわり)となっているものがあるように思います。事象が成り立つ場合には、何かしらの理にかなっている…

続きを読む
2020年04月20日(月)

女性性の時代

私は昔から女性が好きなのですが(笑)、それはべつに女好きとかそういう意味じゃなくて、女性というのは、なんというか、男性より一段も二段も高いところにいる。そういうイメージを持っています。

続きを読む
2020年04月10日(金)

もののあわれ

私は、コロナウイルスに罹った人が、事前に「死に至ることがある」という知識を知っていた場合と、知らなかった場合では、死亡率が異なるんじゃないかって思っています。

続きを読む
2014年06月04日(水)

感性について

日常社会で生きている中で「何か引っ掛かる」や「理由はわからないけどこうした方がいい気がする」など、私たちは明文化できないまでも様々な考えを抱くことがあります。

続きを読む
2020年05月13日(水)

人々の死生観が変化する

最近、自分は死ぬんじゃないかと思うことが多い。コロナをきっかけに、むかしお世話になった高齢の元上司の3人に電話して、まるでこれが最後かのような会話をしてる自分がいる。

続きを読む