閲覧記事記事一覧へ

受注型企業と自立型企業のちがい(マネジメント編)

私は、受注型企業と自立型企業の両方を経験しています。その違いをシンプルに言うと、受注型企業は「他社」の企画したものをつくり、自立型企業は「自社」の企画したものをつくるということです。両者とも商品やサービスを生み出していますが、その企画が「他社」による場合を受注型企業、「自社」による場合を自立型企業と言います。

企画が「他社」か「自社」かという違いしかないのですが、そのマネジメントはまるで異なります。私は受注型企業に勤務しているとき、親会社からかなり無茶な納期や仕様を要求されることが幾度となくありました。その仕事をする担当者の立場からすると、それは大変苦しい状況ではありますが、経営者からすると、とてもありがたいことでもあるのです。というのは、自社のマネジメントを親会社がしてくれるようなものだからです。

それは納期ひとつをとってみても、納期の短縮を迫る人間が、外部のお客さんの場合と、社内の経営者なり上司の場合では、担当者の受け取り方がかなり異なることからも理解できると思います。例えば、夕方5時をまわり帰宅しようと思った矢先に、本日中にやらなければならない仕事が舞い込んだとします。それを直接お客さんから頼まれると断りにくいですし、さらに、その仕事を断ってしまうと、次に仕事がもらえなくなってしまうのではないかという不安がよぎります。反対に、いつも顔を合わせている上司に頼まれた場合は、「明日にしてほしい」と言いやすいわけです。

自立型企業は常に後者の状況にあります。つまり、自立型企業において、納期とは製品の発売日に相当しますが、発売日が遅れても公表していない限り、当然お客さんはクレームを言いませんし言いようがありません。発売日だけではなく、あらゆること、例えば製品性能なども、お客さんの要求によって決まるのではなく、全て自分たちの意思によって決めていくのです。公表した性能よりも低いものを販売すれば、もちろんそれはクレームになりますが、公表前であればいくらでも低く設定することができてしまいます。つまり、その会社を高めていくのは、他の誰でもなく、自分たちの意思によって高めていかなければならないのです。

では、それらを高めていくために、経営者なり上司が社員に圧力をかけて高めていけばいいかというと、それは良い方法とは言えません。というのは、そうした支配的な職場環境からは「創造性」が生まれにくいからです。自立型企業にとって創造性は製品開発やサービス企画の源泉にあたります。そうした創造性を育むには、社員がのびのびと働くことのできる組織風土が必要になるのです。

このように自立型企業においては、のびのびと働くことのできる職場環境を保ちながらも、自らに厳しい条件を課すという、相反するような難題を克服しなければなりません。そのために経営者と社員に高い自律性が求められるのです。



関連記事

2014年06月04日(水)

絶対世界と相対世界

「1つの事象には相対的な2つ以上の側面が内包されている」という話を以前しました。(記事:腑に落ちることと、理について参照)。この考え方が、これからの時代にいか…

続きを読む
2014年04月22日(火)

腑に落ちることと、理について

社会に限らず、この宇宙全体の事象の成り立ちには、その理(り、ことわり)となっているものがあるように思います。事象が成り立つ場合には、何かしらの理にかなっている…

続きを読む
2014年05月15日(木)

原理を見る人、事象のみを見る人

私たちの中には物事の「原理を見る人」と「事象のみを見る人」がいます。両者で何が異なるかというと、意識内情報のネットワークと密度がまったく変わってきます。また問…

続きを読む
2018年01月03日(水)

悟りに向かう人類

最近、人類が悟りに向かっているということを実感している。たとえば、昨年は「サピエンス全史」という本が人気になった。そこには、人類が地球上の覇者になれた理由は...

続きを読む
2014年04月07日(月)

ものづくりはひとづくりと言われる所以

私は若い頃よりものづくりの世界に長くいたせいか「ものづくりはひとづくり」という言葉をよく耳にしてきました。でもどうして「ものづくりはひとづくり」と言うことばが…

続きを読む